知っておきたい、浄水器の種類

浄水器は、水道水に含まれる不純物を減らして水をキレイにする装置のことです。

もちろん家庭に供給される水道水は安全基準に従って無害化されたものですが、「より安全な水」や「より美味しい水」を利用したい場合に便利です。浄水器の種類は、フィルターや大きさなどによってさまざまあるため、用途や予算に応じて選ぶことができます。まずフィルターについては、活性炭や逆浸透膜(RO)が代表的です。

活性炭タイプのものは、その表面にある無数の小さな孔で不純物を捕らえてろ過するという仕組みのもので、次亜塩素酸やトリハロメタン、そしてジオスミンなどを取り除く効果があります。逆浸透膜タイプのものは、水分子だけを通す極小の孔でろ過できることが特徴で、極めて高い有害物質の除去能力があります。次に大きさや形態については、蛇口タイプや据え置きタイプなどが多く見られます。

蛇口タイプは、小型で設置しやすく、しかも値段が比較的安いということもあり最も普及している浄水器のタイプだと言われています。据え置きタイプは、シンクの上に設置して使用するもので、除去能力が高いものが多く、さらにフィルターの寿命が長いというのが特徴です。ちなみに据え置きタイプは、水道から直接水を引くだけで使用できるので工事等は不要です。ほかにも、キッチンシンクの下に設置して使用するアンダーシンクタイプや、水道水を注ぐだけで使用でき持ち運びもできるというポットタイプなどがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *