浄水器の種類とその特徴について解説

浄水器というのは蛇口や給水栓に本体を取り付け、水道水をフィルターやカートリッジに通し、次亜塩素酸やカルシウム、マグネシウム、微生物などを除去するもののことを言います。

一口に浄水器とは言ってもさまざまなタイプのものがあり、それぞれに特徴があります。一般的な浄水器の種類としては、蛇口直結型や据え置き型、ポット型、アンダーシンク型などがあります。

蛇口直結型というのは文字通り蛇口に取り付けるタイプのものです。メリットとしては、コンパクトで取り付けやすく、比較的安価であるということが挙げられます。

しかし、カートリッジの寿命が短いことや浄水能力が低いなどのデメリットもあります。据え置き型というのは、シンクの上に本体を設置するタイプのものです。

本体が大きいため、カートリッジの寿命が長く、浄水能力が優れているというのが大きなメリットです。また、不要な成分を除去するだけではなく、用途に応じて軟水やアルカリイオン水を作ることができるものもあります。

しかし、性能が高い分、蛇口直結型と比べ効果であるというデメリットがあります。ポット型というのは、ポットの形をした本体にカートリッジを取り付け、そのポットに水を注いで使用するもののことをいいます。

メリットとしては、水道から独立しているため、食卓などでも手軽に水を注ぐことができ、比較的安価であるということが挙げられます。

デメリットとしては、大量の水を一度にろ過することができないことや、カートリッジの寿命が比較的短いことなどが挙げられます。アンダーシンク型というのは、シンクの下に設置するタイプのものです。

本体がシンク下にあるため、場所をとらず、浄水能力が優れているというのがメリットです。しかし、他のタイプものと比べると高価であり、取り付けに工事が必要な場合があるというのがデメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *