浄水器にも様々なタイプがあります

日本の水道水は安全性が高く、厳しい安全基準をクリアするよう浄水場で殺菌消毒されています。

しかし水は毎日使用し、体内に入れる物だけに、安心して使用したいものです。そんなニーズに応え、残留塩素や僅かに残る可能性のある有害物質を取り除き、水道水をより安全に使うための装置が浄水器です。

浄水器は家庭の蛇口や給水栓に取り付け、水道水を浄水フィルターに通すことで、塩素や有機物、カルシウムやマグネシウム、微生物などの異物をフィルターに吸着させ取り除く事ができます。

浄水器には様々な種類が存在しますが、その中でも最もよく使用されているのが、蛇口直結型と言われるタイプです。水道の蛇口の先端に取り付けるだけなので手軽に使え、価格も手ごろです。

コンパクトな形はキッチンの邪魔になりませんが、同時にカートリッジも小さいため、こまめなフィルター交換が必要です。また、据え置き型に比べるとフィルターの除去機能は劣るので注意して下さい。

初めて使う人におすすめです。据え置き型の浄水器は、キッチンのシンク上に設置するタイプの浄水器で、本格的な浄水機能により有害物質の除去性能が高いのが特徴です。

調理向きの軟水を生成したり、アルカリイオン水を作れるなど水を美味しく飲むためのユニークな機能を備えたものもあります。蛇口直結型と比べて場所を取り、比較的価格が高めです。

安い製品でも3万円前後し、一般的な売れ筋は5万円から8万円程度の製品です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *