良い浄水器選ぶために知っておくべきこと

水道水の殺菌消毒には塩素が使用されており、そのまま使用するのは不安だという方も数多くいます。

水道水をより安全に使用するための役目を担っているのが浄水器であり、最近ではその種類や使用方法も非常に多岐にわたっています。浄水器とは家庭の蛇口や給水栓に取り付けて、水道水を綺麗にする装置のことです。

浄水フィルターを通すことにより、塩素や有機物など様々な有害物質を除去する作用に優れます。蛇口直結型の浄水器は国内では最も多く普及されているタイプです。

手軽で安価な物が多く、コンパクトで取り付けも簡単なのが特徴です。普段の炊事などに使用しやすい点から、昔から多くの人々に愛用されてきました。シンクに直接浄水器を設置してしようするタイプは、キッチンのシンク状に設置する装置です。

水のろ過性に非常に優れ、フィルターの寿命も比較的長いのが特徴です。価格としては数万円前後とやや割高なのが難点ですが、その効果は高いといえます。

アンダーシンク型はその名の通り、キッチンのシンク下に装置を設置するタイプです。新築住宅のシステムキッチンには、既に取り付け済みの状態で販売されることも多いです。

かさばるフィルターも流しの下に、組み込むことで水回りがスッキリとした印象になり水栓のデザインもおしゃれな物が多いのが特徴です。

フィルター自体が大きいので、カートリッジの交換は年1回程度で良いという点も人気のようです。

最近人気の傾向にあるのが手軽なポット型です。ポット型はポットの中にカートリッジを埋め込んであるので、水道水を注ぐだけでろ過できてしまうという手軽さが評判です。

価格も安く手入れもしやすいので、浄水器を初めて使用する方にもおすすめの種類です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *