浄水器のカートリッジ交換時期

美味しい水を求めてやまない人が多いですが、手軽にそれを実現できる浄水器を購入して利用している人も多いです。

特に蛇口取り付け型やポット型は使うのも容易ですし、何より値段も安いので使いやすいのです。これらの浄水機能を実現するのは、機器に取り付けられているカートリッジです。当然ながらこれも使い続けていくと交換する必要がでてきます。

例えば蛇口取り付け方の場合は、長く使い続けているとこれまで除去してきた塩素や様々な水道水に含まれる濁りなどが詰まっていくので、段々と水量そのものが細くなってきます。その為、流す水の量が急激に減ったり、浄水器を使っているのにカルキ臭などを感じるようになったら交換時期と思っていいでしょう。

商品そのものにろ過する水量が大体決められていますので、パッケージ等にも何リットルと記載があります。それを一日の使用量で割って、大体少なめの人なら4ヶ月、多く使う家庭であれば2ヶ月というように交換時期の目安を算出します。浄水器を取り付ければ不要なゴミを取り除いたりしてくれますので美味しい水を飲む事ができます。

けれどもそれをそのまま使いっぱなしにしていてもいいわけではありません。カートリッジの交換もしていかなくてはいけませんので、なるべく長持ちさせられるような浄水器を選ぶようにすると、コストパフォーマンスもぐっと上がります。いろんなメーカーがいろんなタイプを提供しているので、良く比較してから購入して使っていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *