浄水器にも種類があります

もっと美味しい水を手軽に飲みたいけれども、何をしようかといろんな水に関する情報を集めていると、浄水器に行き当たる事も多いです。

水道水も綺麗な水ではありますが、殺菌消毒をするのに塩素を利用していますが、これも水の中に残留しやすい上に発がん性を指摘されているトリハロメタンを生成してしまいます。浄水器にも幾つか種類がありますので、自宅に合った設備を導入して水をより綺麗なものにしていきましょう。

一般的に多いのは、蛇口取り付け型です。フィルターと活性炭を組み合わせたものが多いので、雑菌や最近などの微細な物質を取り除いてくれます。値段が比較的手頃なのも手に入れやすくておすすめです。

その次に良く見かけるのは、ポット型です。持ち運びができるのが最大の利点にもなっています。ろ過する流量自体はポットの大きさによりますが、コンパクトでありながらも浄水機能は抜群なので、使いやすいものの一つと言えます。その他には少し価格も上がってきますが、浄化器をホースで繋ぐ据え置き型や、シンクの下に置くビルトイン型とも呼ばれるアンダーシンクタイプ、元栓に直結させるセントラルタイプなどがあります。

これらのタイプになると浄水器としてはかなり高価になるのですが、その分フィルターの交換時期なども長くなるので、使い勝手も良いです。予算や使う頻度なども考えながら、どんな浄水器であればベストなのか良く考えて導入して、美味しい水を日々の生活で楽しみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *