浄水器を選ぶ場合の基礎知識

日常生活に欠かすことのできないものの筆頭に挙げられるのが水です。

インフラの中でも電気ガス水道と3つがセットで語られることも多く、災害時の復旧対策として最優先とされるのが水道です。飲用だけでなく炊事や洗濯、入浴などにも必要で、生活の基盤となるものですから大切にしたいものです。その水道水は、日本国内の厳しい基準をクリアして水道まで送られてきますので、一般的に飲用には問題のない安全なものであると考えられています。

しかし、古くなった水道管からの微細な異物の混入や、浄水場での消毒薬投入に関わるトリハロメタン化合物の生成など、直接飲用することに抵抗を感じるという人もいるでしょう。その方な水に対しての安全意識の高い方に人気があるのが浄水器です。

家庭用浄水器は、それらの背景から普及が進み、特に都市部においては生活必需品としての性格も強く見られるようになりました。水道水の安全性をより高め、臭いや味の面でも満足することができる水へグレードアップさせることができますので、家庭用浄水器はじっくりと比較検討をして最適な機種を選びたいものです。水をポットの中に注いで浄水を得るポット式の浄水器や、水道の蛇口に接続して水道水と浄水を切り替えできる製品などが比較的安価なこともあり家庭に多く普及しています。

更に高価な価格帯では、アルカリイオン水など特別な水を生成できる機種、高性能のフィルターで極めて純水に近い水を得られる業務用にも使用されている機種などもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *