浄水器のフィルターには逆浸透膜もあります

水道水をおいしい水に変えてくれる浄水器には、色々な種類がありますが、浄水器の能力は内部に利用されている特殊なフィルターで決まると言っても過言ではありません。

最近は性能が高い製品が続々登場しており、安価な製品でも不純物の除去効果を期待出来るケースが増えています。水道水には色々な不純物が含まれているのをご存知でしょうか。水道水に含まれる不純物とは、本来水に含まれているものと、含まれていないものに分けることが出来ます。

例えば、塩素を初め、カルキ・カビ臭・花粉・サルモネラ菌・赤錆などは本来含まれていないもので、水道管内部を通る過程において不純物が混入するものです。但し、塩素やカルキなどは水道水を安全にするためになくてはならない存在です。

これに対し、かび臭や花粉などは後から混入するもの、サルモネラ菌などは人間の身体への害をもたらすものでもあり、ゼロになっていなければ困ります。浄水器の中でも逆浸透膜のフィルターを使っているものは、限りなく水道水に含まれる不純物を取り除く効果を期待することが可能です。

除去率は製品にもよりますが、ピュアウォーターを作り出せる製品もあるので、ウォーターサーバーを導入しようか検討されている時など、こうした浄水器を使う方法もあります。ウォーターサーバーの場合は、水を購入してボトルをセットする必要がありますが、浄水器なら水道の蛇口を捻るだけでピュアウォーターを給水出来るメリットもあるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *