浄水器にはウォーターサーバータイプもあります

浄水器と聞くと、水道の蛇口に取り付けるタイプやシンク下に専用器具を取り付けるタイプを連想する人は多いのではないでしょうか。

最近は、ウォーターサーバータイプの浄水器も登場しており、その種類は多種多彩です。浄水器は水道水を浄化するための設備であり、水道水に含まれている不純物を取り除いてくれます。但し、不純物をどれだけ取り除くことが出来るのかは、内部に使用されているフィルターで決まると言っても過言ではありません。水道水には本来の水以外にも色々な成分が含まれています。

まず、思い浮かべるのが塩素と言う人は多いかと思われますが、日本の水が安全である理由の一つに、塩素で殺菌消毒が行われていることが挙げられます。もし、塩素で消毒が行われていなければ雑菌が繁殖するなど、とてもそのまま飲むことが出来ませんし、海外のように顔を洗ったり、歯磨きしたり、シャワーだけでもお腹を壊してしまうなどのリスクも出て来るわけです。

浄水器の大半はこの塩素成分を除去する性能を持ちますが、安価なものなどの場合は、塩素成分を除去出来ないケースもあるため、浄化率について比較をしておきましょう。ウォーターサーバーは宅配水を使ったものですが、浄水器機能が付いているタイプは宅配水が不要です。

水道水をウォーターサーバーに給水する、その水を内部の浄水装置で不純物を除去するため、一般的な宅配水よりも導入コストが安い、重量のあるタンクを取り付けずに済むなどのメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *