家庭用浄水器の大きなはたらきとは

近年多くの一般家庭に普及するようになっている家庭用浄水器は、さまざまな濾過材を組み合わせることによって、水道水を綺麗に濾過して「安全で美味しい水を生成する」というはたらきがあります。

浄水器に採用されている濾過材には、活性炭や濾過用の膜(逆浸透膜など)があります。カルキ臭の原因となる残留塩素を吸着したり、濁り成分を取り除いたりすることができます。水道水自体も安全性は高くそのまま飲用可能とされていますが、都市部では塩素の匂いが強かったり、高架水槽からの配水を受けるマンションなどでは雑味が出やすかったりしますので、浄水器の設置が必須となっています。

フィルターを透過させて濾過するという性質上、浄水器を使用する場合には製品によって定められている使用期間を守り、性能が低下しないうちに新しいフィルターへの交換をすることが大切です。また購入時には、品質の面で厳しい基準をクリアしていることを示す適合マークの有無も確認しておきましょう。

浄水器を使用した水は、水道水に含まれている塩素が取り除かれた状態となっておりますので、早めに飲用したり料理に使ったりしてください。また長期間滞留していた水は使用せずにしばらく流してから使用するなど、いくつかの注意点がありますので、製品の取扱説明書は常に手に取りやすい場所に保管しておくことがおすすめです。

どのような製品を選ぶのが良いかは、専門のウェブサイトで比較検討することが便利です。目的に応じて購入して、安全で美味しい水のある生活を実現してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *