水道水との切り換えで浄水器のフィルタの寿命が変わる

浄水器を選ぶポイントの一つにカートリッジの寿命があります。

カートリッジは水道水を浄化するための装置であり、浄水器の要とも言える部分です。寿命が過ぎても使えないわけではありませんが、本来の目的でもある水道水の不純物を取り除くための処理能力が低下してしまう、さらに給水する水に浄化されない不純物が含まれるリスクがあるため、寿命が来た時には交換するのが賢い使い方と言えましょう。

カートリッジの寿命は使い方次第で変わりますが、製品の中には寿命が近づくと色が変わるなど、目で見て分かるものもありますし、浄水器の種類に応じて、洗い物をする時にはカートリッジ部分に水を流さない、飲料水や料理で使う水はカートリッジを通すなど、切り換え機能が付いているものもあります。

すべての水をカートリッジ内部のフィルターに通してしまえば、寿命が3ヶ月の製品でも2ヶ月ほどで寿命が来てしまうこともあるわけですから、使い方を考えることで寿命を延ばせるわけです。浄水器の中には、寿命の目安が2年の製品もありますし、3ヶ月や半年などの製品もあるなど様々です。

寿命が迎えた時の交換はどうやるのか、自分でも簡単に出来るのかを事前に確認しておくと安心です。中には、製品そのものを交換するケースもありますし、こうした製品の場合は新しいものと交換して貰えるので、常に清潔さを保てるメリットを持ちます。このように、カートリッジの交換のしやすさも浄水器を選ぶ上で大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *