浄水器のタイプ別に、おすすめの人をご紹介

身体に欠かせない水は、美味しく安全なものが飲みたいものです。

日本では水道から出した水をそのまま飲むことも可能ですが、塩素やトリハロメタンなどの残留物質が心配という人は多いでしょう。そういった物質を除去・減少させるのが浄水器です。浄水器にはポット型や蛇口型、据え置き型などの種類があり、販売されている製品も多岐にわたります。どれがいいのかわからず決められないという人もいるのではないでしょうか。

どれがおすすめなのかは、設置スペースはどのくらいあるか、水をどのくらい使うのか、予算はいくらかといったことで変わってきます。購入を検討しているなら、まずは浄水器の種類を知り、それぞれの違いを把握しましょう。浄水器の種類には、おおまかに分けてポット型、蛇口型、据え置き型などがあります。

ポット型は水差しにろ過フィルターがついているタイプで、水を入れるだけで浄化されるというものです。費用も安く手軽ですが、一度にたくさんの水をろ過することはできません。費用を抑えたい人、あまり料理をしない人か料理は水道水でもいい人、簡単に使いたい人などにおすすめのタイプ。

蛇口型は、蛇口に直接取り付けるコンパクトなタイプ。費用も安く取り付け方法も比較的簡単ですが、本体が小さいためカートリッジの交換頻度が高くなります。料理にも浄水を使用するけれど簡単に使えるタイプがいい人、費用を抑えたい人におすすめです。据え置き型はキッチンに設置するタイプ。

費用は高額な傾向がありますが、ろ過性能は高く、フィルター交換時期も長めです。取り付けられる蛇口は決まっていますが、よほど苦手な人でない限り自力で取り付け可能です。費用はかかっても、安全性の高い水が飲みたい人におすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *