一人暮らしの人でも浄水器を

東日本大震災以降、安心安全な水の需要が高まり、それに伴い家庭でも浄水器を使う人が増えてきました。

とは言え、一人暮らしの人の間ではまだそれほど広まってはいないようです。しかし、実は一人暮らしにとっても浄水器は非常に有益なアイテムなのです。「ミネラルウォーターをその都度買うから大丈夫」という人も多いですが、長い目で見るとコスト的には浄水器の方がずっとお得です。わざわざ重たいペットボトルを買って家まで運ぶ大変さから解放されるという嬉しい点も見逃せません。浄水器にもさまざまな種類がありますが、一人暮らしの人ならば蛇口直結型、もしくはポット型が手軽でお勧めです。

蛇口直結型は蛇口の先端に取り付けるだけなので、スペースが限られている単身者用のシンクでも問題なく取り付けることができます。取り付けも非常に簡単で、初期費用も3000円前後からと低価格なのが魅力です。ポット型はプラスチックの容器本体の中にろ過用のフィルターが取り付けられたもので、容量は2リットル前後とコンパクト。冷蔵庫の中で保存できます。ろ過スピードもそれほど遅くないので、使いたい時にすぐに使えます。ただし、どちらの場合もフィルターの交換は定期的に行いましょう。

交換時期は商品によって異なりますが、適切な時期に交換せずに使い続けた場合、水道水をそのまま飲むよりも水質が悪くなることもあります。さらにポット型の場合、冷蔵庫内とはいえ汲み置きの状態になりますので、できれば一日以上経過したものは捨てて、新たな水道水に入れ替えてください。ライフスタイルに合わせて浄水器を選び、美味しい水とともに生活してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *