様々な浄水器の種類ごとの特徴について

家庭で使える浄水器の種類としては、最もポピュラーなものとしては蛇口に取り付ける種類のものがあります。

蛇口に直接的に取り付けるだけで使用できますので、初心者の方にとっても使いやすい点が特徴となります。蛇口取り付け型の浄水器の場合には、使いやすさやそのものとしての値段は安いものとなりますので、購入しやすいタイプと言えますが、寿命が短いためにすぐに取り換えなければなりませんので、トータルのコストとして考えると高いものとなります。

蛇口取り付け型と同様に使いやすさが特徴のタイプとして、据え置き型の浄水器があります。据え置き型の浄水器の場合には、カートリッジの容量が大きいために、耐久性が高くて半年から1年ほどの期間にわたって使用することができます。設置場所としては、シンクの上やキッチンに置く場合が多いと言えますが、キッチンの状態によっては取り付けが難しいケースがありますので、その場合には費用がさらにかかってしまうことがデメリットとなっています。

手軽に持ち運びが可能な浄水器としては、ポット型のものがあります。ポットに水道水を流すだけで自動的に不純物を取り除くことが可能なタイプになりますので、使いやすいものと言えます。不純物の除去の処理を行ったポットを、そのまま取り外して冷蔵庫に入れて冷やすこともできます。ポットタイプのものは、1回の使用で多くの水道水を浄水することができないことや、カートリッジの寿命が短いために、定期的に交換しなければなりませんので、コストが高くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *