浄水器を選ぶポイントとは

一般家庭にも広く普及している浄水器。大きく分けて5つのタイプがありますが、どのタイプを選ぶかはライフスタイルや重視しているポイントによって変わってきます。

「据え置き型」は蛇口の先端と浄水器本体をホースでつなぎ、シンクに置いて使うタイプです。浄水能力が高く、カートリッジの寿命が1年前後と比較的長いことが長所です。耐久性にも優れています。ただし、設置場所が確保できることが最低条件となり、設置の手間がかかることがデメリットとも言えます。また、まれに取り付けが不可能なタイプの蛇口もありますので、必ず事前に確認が必要です。「蛇口型」は一般家庭では最も普及しているタイプです。いつも使っている蛇口にそのまま取り付けることが可能で、初期費用も据え置き型に比べると格段に安くなります。

しかし、据え置き型と比較すると浄水機能はやや劣ります。カートリッジの交換も3ヶ月~6ヶ月と割とこまめに行う必要があります。「ポット型」は水道水をポットに移し替えるだけという手軽さが支持されています。面倒な取り付け作業も不要で、価格も3000円前後と手頃です。しかし、塩素やカルキ臭などは取り除くことが可能ですが、除去できない農薬類もあります。最大でも2リットル程度の容量なので、連続してたくさん使いたい人には不向きでしょう。「アンダーシンク型」はキッチンのシンク下に設置して使用します。高い浄水能力が魅力で、一度にたくさんの浄水を使用することが可能です。

専門の工事が必要で、工事費も10万円前後かかることも。「アルカリイオン整水器」は水道水を電解処理することにより酸性の水とアルカリ性の水を作り出します。胃腸改善効果があると言われ、家庭用医療機器として認定を受けています。初期費用は比較的高額で、10万円前後です。どのタイプの浄水器も一長一短と言えそうです。ライフスタイルに合わせて選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *